協生大豆の「自家製豆腐」

先日、無事に仕込みを終えた麦わら味噌

今年は種蒔き用以外にも、大豆1kgほど余剰分が取れたので「自家製豆腐」を作ってみることにしました。

まずは乾豆(乾燥した大豆)を一晩水に浸けて生の状態に戻します。

ミキサーなどでドロドロの液状に粉砕し、弱火で煮込むこと20分。

粘りが強力だったので、途中で水を500ccほど足しながら煮ることに。

(量が多かったので2度に分けて煮込みました。水は2回合計1000ccほど)

鍋底を焦がさないよう、木べらでかき混ぜながらコトコト煮てみました。

煮始めた当初は青臭い匂いだったのが、中まで火が通ってくると徐々に甘ーい豆腐の匂いへと変わっていきます。面白いですねー!!

煮あがったら、布を敷いたボールへと移し「おから」と「豆乳」に分けます。

布を絞ってできるのが「おから」。

ボールの下の鍋に溜まるのが「豆乳」です。

出来立ての自家製おから

ミキサーでの粉砕が甘かったのか煮る時間が短かったのか、結構粒が粗い状態でしたがこれはこれで美味しい!!

甘辛く炊いても良いですが、マヨネーズと和えてポテトサラダ風にしてみたところ大当たり!!!

食べる手が止まらないほど美味でした!!!!

乾豆1kgから取れたおからは約2kg。

すごくお得な感じがします(笑)

こちらは搾りたての豆乳。合計3.5リットルほど取れました。

乳白色で、ものすごく美しい!!!!!

そのまま飲んでも美味しいですが、豆腐用に我慢我慢。

豆乳1.5リットルを鍋に移し、75度になるまで弱火で少しずつ温めます。

温度まで達したら火を止め、にがり30ccを加え、木べらで全体をなじませます。

この状態で30分ほど待てば・・・

おーーー!!! プルプルに固まっている!!!

おぼろ豆腐の完成です。

ほろほろプルプルの状態で、見るからに美味しそう!!

木綿豆腐を作りたい場合は、押し型(形や大きさはなんでもOK)の上に布を敷き、おぼろ豆腐を入れます。

すでに待ちきれない様子の子供達。

作り始めて10時間以上経ってますからね。。。

(途中でおからを料理したり、豆乳飲んだりと寄り道しすぎました) 

まぁ、あともうちょっとの辛抱です!!

重石を置いて、水分を抜いたら木綿豆腐の完成!!

布の跡がくっきりと付いております。

しかしながら、断面はペッタンコ。。。

今回は2kgの重石で30分ほど水抜きしたのですが、重すぎたのか時間が長すぎたのか。。。

もう少し調整が必要ですね。。。

まぁその分、もんのすごく濃厚でした。豆をそのまま食べているのかっていうほど激濃!!!

自家製豆腐作り、初めての挑戦でしたがまぁまぁOKだったのではないでしょうか。

1kgの乾豆から相当量ができるので、来年も豆が多く取れたらまたチャレンジしたいと思います。!!

自家製で作れるレパートリーがまた一つ増えました。うーむ、幸せっす!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください