「竹やぶ農園」の造成はじめ

 

5年前から実家裏にある1反の水田跡で実験を始めた協生農法

ガッチガチの重粘土質の土地であっても問題なく実践することが可能という事が実証できたので、

今年からはさらに過酷なステージに進み、次なる挑戦をしてみようと思っております。

今回、新たに畑を造成する場所がこちら!

放棄竹林です!!!!

日本の中山間地で無尽蔵に増え続け、問題になっている「」。

春先には1日で1メートル以上も伸びる、とてつもない生命エネルギーを秘めた植物です。

協生農法を用いることで、この竹と共存することができないかというのが今回の目的です。

この場所は、昔祖父が畑として使っていたという場所だそう。

今は見る影もなく荒れた竹林と化していますが、もう一度復活させてみたい。

1本1本、ノコギリを使って切り倒していく力作業。

私は今年40歳になりますが、高齢になる前に始められてよかった。。。

時間はかかるものの、チェーンソーを使わなくても意外となんとかなるものですね。

切る前は日光が余り差し込まず、うっそうとしていましたが

1本切るたびに明るくなっていくのは非常に心強かったです。

子供は切った竹で遊びまくり。

バランスを取って竹を渡り切るゲームを考えたようで、何度も転げ落ちながら楽しんでいるようでした。

多少ケガしてもいいよ。強くワンパクであれ!!!

間伐材を使って「秘密基地を建てて欲しい」というリクエストをもらったので、畑造成ととともに竹ティピーにもチャレンジしてみようかと思います。

ハンモックを張るのにちょうど良い雑木も見つけたので、休憩場に。

いいねぇ、今度は焚火グッズでも持って遊びに来ようかな。

ちょっと前ブッシュクラフトにハマったことがあり、自分の山が欲しいなぁなんて思っていたら、

すぐに願いが叶ってしまいました。快く竹林を貸してくれた親戚に感謝!!!!!

竹を倒した際、大量に手に入る「」も貴重な資源。

風呂に入れると、もんのすごーーーーーく気持ちいい!!!!!!!!

竹のエネルギーを皮膚から受け取ることができます。

ドライもいいけど、生葉もよいっすね。生命エネルギー浴び放題!!最高!!

この日は3時間ほど作業して10本くらいは切れましたが、これは根気のいる作業やねぇ。

これから時間のある日はココに来て、ちょこちょこ作業を続けていきたいと思います。

蚊やダニの餌食になる前に、なんとか野菜を植えられる状態までもっていきたいものです。。。

 

<スポンサーリンク>

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください