台風後の麦わら農園「破壊と再生」

近畿地方を中心に大きな被害をもたらした台風20号。

やれ過去最大級やら、記録的大雨やら、もう台風が来るたびに更新されていきますね。

異常気象】という一言で納得している場合ではないです。

どうして異常気象になってしまったのか、なぜ自然が怒るようになったのか。

常とは何か、何が自然で何が不自然なのか。

その本質を無視して「異常だ!異常だ!」気象のせいにして騒ぎたてるだけで、そこに何も感じないでケロっとしている現状の方がよほど異常ですよ。

平成から新しい年号に切り替わろうとしている今、様々な価値観も転換していく時期に入ろうとしています。

はじき出される前に心から謝りましょう、共に協生の道を進みましょう。

<スポンサーリンク>

台風後の「麦わら農園」

私は現在、東京出張中のため自分の畑にどれだけの被害があったのか確認することはできません。

そんな中、妻が畑がどうなっているのか翌朝の写真を送ってきてくれました。

こちら。

畑が、まるで池に囲まれているようだ!!

どうやら私がいない間に、父親が畑の四方をまた耕したようですね。。。

汗水垂らして作った水路も見事に潰されている。だから水が抜けない。

折衷案で嫌々付けたのに、それすらも潰すんですね。

もういいです。どれだけ言っても無駄です。

「破壊と再生」というテーマの現代アートだと思って割り切ります。

さらに、同じ日の夕方の写真を幼馴染が写真に撮って送ってくれました。

いつも本当にありがとう!!! 感謝! 多謝!! 

半日くらい経つ頃には水は随分抜けてきているようですね。

写真を拡大すると、果樹やキクイモなどがコケているのが確認できました。

11月くらいにキクイモの収穫祭が出来たら良いのですが、どうでしょうか。。。

 

<スポンサーリンク>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください