森林浴効果!?何故か「手肌がスベスベ」に

現在、河川の生物調査で山籠もり中の私。

今回は朝から晩まで谷沿いでカエルの産卵調査を行っているのですが、、、

ふと自分の手を触ってみると、めっちゃめちゃスベスベしていることに気づきました。

ひとたび触れればシルクのような滑らかな肌ざわり。

それなのにも関わらず、写真の見た目はただのごっついおっさんの手でしかないというこのジレンマ。分かっていただけるのでしょうか。。。

木々が生み出す清浄なる空気

はじけ飛ぶ清らかな水しぶき。

仕事中とはいえ、朝昼晩ずーーと森林浴を行っているようなものですから、もう心と体が癒されないはずがありませんよね

森林浴をするとフィトンチッドの働きでストレスホルモンが減少し、ナチュラルキラー細胞が活性化することにより免疫力が向上するなどと言われていますが、、、何がどう作用してどんな結果につながるかなど

正直難しい効能や効果はよくわかりません。。。

でも、自分が心底気持ちいいと感じ、リフレッシュできているのであれば

きっと身体には良い影響を与えているのだろうなということだけはわかります。

そういう精神的な幸福感も相まって「え???なんじゃこりゃ!?!?」というくらい手や肌がツルツルスベスベになっているのかもしれません。

要するに・・・考えるな!感じろ!!!ということでしょうか。。。

<スポンサーリンク>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です