流美農園で発見!!無農薬無肥料でもグングン育つ野菜「キクイモ」

12月23日(土)。

京都府内で協生農法を実践されている清水さんの「流美農園」にお邪魔してきました。

みんなで作る農園をコンセプトに、月に数回開かれているコミュニティファームDayに参加するためです。このイベントに参加させていただくのは夏の豆の収穫に続き今回で2回目。

コミュニティファームDayは、いわゆる「農業体験」や「収穫体験」ではなく、流美農園の一員として一緒に作業して一緒に収穫しようというイベント。お客さんではなく仲間、つながりを大切にしようという気持ちが伝わります。

いつも明るく迎えてくださる農園主の清水さん、関西コンビニスイーツ王子のT氏、ミステリアスかつファンキーなサンコンさんという大変個性豊かなスタッフさん達。

今回も、笑顔絶えない時間を過ごさせていただきました。癒しの空間ですね。

<スポンサーリンク>

先輩の畑を拝見

コミュニティファームDayでは、時期ごとに今、農園内でどんな野菜が育っているか詳しい解説を聞きながら見せていただくことができます。

こちらは水菜。生で試食させていただきましたが、味が濃い!なのに嫌味がない。

さらに、芽キャベツ

あちらにはセロリ

京都原産の野菜であるミブナの姿も。

なかなか先輩の畑を見る機会が少ない私にとって、全てが学び。植え方など聞くことすべて勉強になります。

例えばこちら、スナップエンドウウスイエンドウなどの豆類。

一つ一つの間隔がとても狭く、わざと密度が高くなるように植えています。

こうすることで、育ってきたら藪のような状態になり、支柱を立てなくても各々が絡まってブッシュを形成するのだそうです。

支柱を立てた時よりも背丈は伸びないそうなのですが、子供達の目線に近い高さとなって小さい子達が収穫しやすくなるのだとか。

そんな技があったのか、、、目からウロコ。

うーむ、植える段階から収穫のこと、しかも参加者を具体的にイメージしながら設計しているということにも驚きました。

すごいなぁ先輩。私はまだ自分のことでいっぱいいっぱいです。。。

無農薬無肥料でもグングン育つ野菜「キクイモ」

いろんな野菜を見せていただいた後は、今回のメインイベントである「キクイモ」の収穫。

枯れた茎の周りを掘ってみると・・・

出てきました!こちらが本日の主役キクイモです。

キクイモは北米原産の野菜。芋という名前が付いていますが実際はキク科の多年草。ゴボウの仲間です。

菊に似た花を咲かせることや、根が生姜のような形をしていて芋に似ていることから、キクイモと名付けられたそうです。

このキクイモには、食物繊維の一種である「イヌリン」という成分が豊富に含まれているそうで、食べるとインシュリンの分泌を抑え血糖値の上昇を防ぐなどダイエットなどにも向いている食材のようですが・・・

私が惹かれているのは、そこではありません!!!

キクイモは、どんな環境でも御構いなしに成長し、どんどん増えていくという無尽蔵の繁殖力を持っています。

そのため、ちょっと掘るだけで、キクイモが出るわ出るわのゴールドラッシュ!!

特に、魔法のスコップの特殊技能を持つT氏が掘ると、そりゃもう わんさかと出てきます。

無農薬無肥料でも、こんなにたくさん。むしろ毎年取れすぎて困っちゃうくらいの収穫量があるそうです。

うーん、私も是が非に困らせてもらいたい!!!

この日も2時間掘っただけで、なんと12kgもの収量が!!!

ここ掘れワンワン。イモも出るし、ドーパミンも出まくりでとにかく気持ちいい!!みんなで収穫の喜びを共有するってなんて豊かなんだろう。

たまに家族も手伝ってくれますが、基本一人で黙々と畑作業している私。こうやってワイワイと笑いながら作業するって心底楽しいなぁ。しかも同じ志を持った仲間と一緒に。

コミュニティファームDay最っ高!

ちなみに娘が夢中だったのは

今回、家族でイベントに参加させていただいたのですが

娘が夢中になっていたのはキクイモ掘りではなく・・・

冬眠しているトカゲ探し。

キクイモのエネルギーに寄せられているのか、掘っているとかなりの数が見つかりました。

「トカゲちゃん、可愛いね」と恍惚の表情を浮かべる娘。

土はただ野菜が育つ場所ではなく、生き物たちを包み込む生命の揺りかご。

せっかく気持ちよく寝ているトカゲには申し訳ありませんでしたが、そうした本質を学べる良いきっかけになりました。

娘のわがままに付き合ってトカゲを探してくださったスタッフの皆様に感謝感謝です。

長靴の匂いを嗅いでいるのではなく、中にトカゲを入れて可愛がっているの図。(この直後、トカゲが逃げることを彼女はまだ知る由もない。。。)

しかも「お土産」まで・・・

いやー、今回もめちゃめちゃ楽しかったですね、流美農園さんの「コミュニティファームDay」。

こうして皆で収穫した野菜は、ありがたいことにお土産として山分けでいただくことができます。しかも無料で。。。。

こんなに楽しくて、貴重なお話までお聞きし、さらにお土産までいただけるなんて、いつも本当にすいません。。。

もうね、植えたくて植えたくて震えますよキクイモ。明日絶対植えます。

コミュニティファームDayの詳細や申し込みについては、清水さんのブログ「自然が教えてくれること」をご覧くださいませ。

私の畑でも、みんなで収穫祭ができる日が来ればいいなぁ!!

<スポンサーリンク>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください