宇宙芋の収穫

12月も中旬に差し掛かり、朝は霜が降り始めた麦わら農園。

こう寒くなると、畑の野菜たちの中にはギブアップするものが増えてきます。

夏以降、実を成らせ続けていたホワイトカラント

茎はもちろん、実ごと色が変わり、腐るように枯れてしまいました。。。

こちらは棚コーナー

宇宙芋の葉っぱも枯れています。

未だに収穫を行っていなかったムカゴ。

こちらも枯れているかと思いきや、心配無用。

葉が枯れてからが宇宙芋の収穫時期なんです。

一般的なムカゴと同じくらいのサイズもあれば

手に収まりきらないくらいの特大サイズ。

宇宙芋の名前の通り、隕石にそっくりです。

2つ並べて見ると一目瞭然!!

大豊作で大小合わせて40個ほどを収穫することができました。

すんばらしいですね!! 

 

<スポンサーリンク>

 

かなりボリュームがありますので、自給するにも申し分ありません。

(まぁ私の場合は、例の如く大半を来年の種イモに回す予定ですが。。。)

収穫中、すでに地面に落下していたムカゴを発見。

もったいないので拾おうとしてみると、、、少し違和感。

なかなか、スッと持ち上がりません。

ひっくり返してみると、土に面していた部分から根が生えていました!!

すんごい生命力!!!

これぞまさに、生きようとする力の結晶。

宇宙芋いいですねー!! 

これも初年度に種イモさえ手に入れれば、翌年以降は持続的に収穫可能になるかもしれません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください