伊賀ぐり農園の「二代目ダイコン」

11月末に草刈りを終えてから、すっかりご無沙汰していた「伊賀ぐり農園」。

久しぶりに訪れてみると嬉しい変化が。

まずは「伊賀ぐり肥料畑」から。画面左の方に若緑色の塊があるのが見て分かります。

この正体、何かというと・・・

ジャジャーンと出てきた「二代目ダイコン」です!!!

葉っぱは、やや虫に食われていたものの8センチくらいまで成長していました。 

去年、名張の麦わら農園で採れた時は3センチくらいでしたから、2倍以上も大きい。

とはいえ、土の硬さや周囲の環境もまるで違いますし比較できるものではないのですが。

ましてや伊賀ぐり肥料畑の場合は「残存肥料」が効いている可能性もあります。

でも、野菜や周りの雑草の成長の様子を見ていると変に肥大もしていないようですし、肥料分はずいぶん土壌から抜けてきているのかもしれませんね。

<スポンサーリンク>

伊賀ぐり放棄地畑のチカラ

続いてやってきた「伊賀ぐり放棄地畑」。

ここでも画面の奥に若緑色の塊があることが分かります。

こちらもやっぱり「二代目ダイコン」。しかも葉っぱも虫食い跡が皆無!

引き抜いてみると、10センチ以上の長さ!!!

さきほどの肥料畑と全く大差がありません。

無農薬、無施肥でも何の問題もない。よく頑張って成長してくれました!!

あとは収穫せずに春まで残して3代目ダイコンの種採り用にしようと思います。

カチカチの麦わら農園よりも環境の良い土壌の情報を覚えてしまったので、来年が不安ですけどね苦笑

同じ種を環境の異なる畑に蒔いておくと、それぞれの特徴が出て本当に面白いです。

恐るべし伊賀ぐり放棄地畑のチカラ! ここの可能性はまだまだ無限大。 

来年は、ちょいと仕掛けを考えてみようかなと思います。

<スポンサーリンク>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください