2021年、夏の麦わら農園

大変ご無沙汰しております。皆さま元気にお過ごしでしょうか?

私は現在、生物調査の真っ最中。

長期の取材期間を終え、今日から9月中旬まで名古屋へ出張にまいります。

なかなか畑の様子が更新できず、読者の方には申し訳ない限りです。。。

夏の麦わら農園

夏の麦わら農園は、まるでジャングル。 

出張前に周囲の草刈りをしたところ、農園内が強調され、さらに異様な感じが際立っております。

果樹はもちろん、ヤマウドヤブカンゾウなど背丈の高い多年草が目立つようになってきました。

室内で窮屈になってきたアイスクリームバナナを露地に植え替えておいたのですが、この子もむっちゃ元気。

6月に植え替えた直後は、葉が全部落ちてこのまま枯れてしまうのではと冷や冷やしましたが、その後一気に幹が太くなり、背もぐんと伸びました。

夏時期はやっぱり路地が合っているんでしょうね!越冬できるかは何とも言えませんが。。。

大きな葉っぱの木陰で休憩する愛らしいアマガエル。

丸々として、しっかり働いてくれていることが想像できます。

以前、むーさんからいただいたネムノキも葉をつけ成長の兆しが表れはじめました。

しっかり根付いてくれたようで、一安心。 この子が成長してくれると、天然の寒冷紗として農園を優しく守ってくれるような存在になってくれるはず!期待大!!

足元に目をやると、サトイモ

タネ蒔きから成長したカボチャ

今年地這えで挑戦するモーウィなど様々な野菜を発見!!

この子たちがどのように成長していくのか、その過程を観られないのが残念ですが

9月の中旬に帰ってきたら、きっと想像を超える姿を見せてくれるはず。

それを楽しみに長期出張頑張りたいと思います!!

 

2021年、夏の麦わら農園” に対して2件のコメントがあります。

  1. 田口美由紀 より:

    今年、私もバナナの苗を買ってしまいました。バナナって想像するだけで楽しいですよね。そして、ゴーリキマリンビレッジで協生農法の講習に参加しました。うちは粘土質なので、島らっきょうは無理かな。なんて・・・。

    1. 田口さん
      コメントありがとうございます!
      おー、バナナの苗購入なさったのですね!
      そうそう、私の場合は観賞用というか見た目の可愛らしさに惚れて畑に導入しております。
      実はさすがに期待できませんけれど。。

      田口さん、御安心下さい!
      島らっきょうは粘土質でも水捌けさえなんとかなればバッチリ育ちます!私の重粘土質の農園でもわさわさ生えてますよー。
      (ただし収穫するのがめちゃくちゃ大変です)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

前の記事

梅雨の種採り2021

次の記事

愛知の盟友の畑見学