台風15号の猛威を東京で体感

関東を暴風域に巻き込み最大風速50mを超える猛威を奮っている台風15号。

昨夜も終電が前倒しになり、普段は朝方まで営業している飲食店も早々に店終いするなど臨戦態勢。

この世の終わりかと思うような、重々しい空気が街を包み込んでいました。

今朝(6時)の時点でも、ホテルの前の木々が激しく揺れ動くなど未だ強風が吹き荒れ、けたたましくサイレンを鳴らす救急車が早朝から走り回っております。

JRや私鉄なども軒並み午前8~9時頃までは全線運転を見合わせの状態。

運転再開に向け、暴風雨の中線路の安全確認を行って下さっている鉄道員の方々には頭が下がる思いです。

有事の際「電車が動かず最悪」「さっさと運転再開して欲しい」と己のことばかりを考えるのは、ただ自分が辛いだけです。

仕事などに影響が出て焦るのも分かりますが、こうして我々を守るため作業してくれている人を想い「頑張ってくれてありがとう。お気をつけて」という心でいる方が気持ちは楽になると思います。

台風に合わせるように自分の心まで荒ぶれてはいけません。

 

<スポンサーリンク>

 

 

しかしながら、東京の台風は私が今まで聞いたことがないような風の音を鳴らしています。

雑居ビルの合間を抜ける際、風はギュルルルルと上下左右にうねりながら吹き進んでいくんですね。

居心地悪そうに、気分悪そうに細い隙間を轟々と。

普段三重にいる時は、家の周りに遮るものがないためか、こんな音は聞いたことがありませんでしたのでものすごく恐怖を感じました。

記録的な暴風のため、今回のような音が鳴ったのかどうかはわかりませんが、皆さん雨や風が強い間は外に出ないよう、くれぐれもお気をつけくださいませ。

大きな影響が出ないよう、心からお祈りしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください