あぁ、我が愛しの「島らっきょう」

隼人瓜という心強いエースの登場に浮かれていた矢先、活躍を期待していた野菜からギブアップという悲鳴があがってきました。。。

その野菜とは・・・

島らっきょう。

そう、あの活力の象徴として名高い島らっきょうです。。。

ゴーリキマリンビレッジでその美味しさに心奪われてからというもの、この野菜を毎日食べたいという願望のもと環境作りを進めていたのですが、1年目からそう全てがうまく行くはずはありません。。

悲しいけどコレ、現実なのよね。

10月に植え付けて以降、

12月頃まではいい感じに成長していたのですが。。。

根本の土が少し盛り上がり、島らっきょうが地上部に押し上げられているのを見る限り、多分、霜でやられてしまったんでしょうね。

<スポンサーリンク>

 

他の場所に植えた子たちはどうしているかなとパトロールをしてみると、、、その半数くらいがすでに生気を失っていました。 

一見、普通に植わっているように見えていたのですが、少しつまんで持ち上げようとすると・・・

スカッと、まるで空気を持ち上げるような感覚で土から出てきました。指先に何の抵抗感もなし。

つまり・・・少しも根を張っていなかったということですね。。。

根を張っていたらこんなにすんなり持ちあがることはないですから。

全く伸びていないことを見ると、硬い土で根を伸ばせなかったのか、それとも粘土質で水はけが悪いため、呼吸ができず根腐りをおこしてしまったのか。

そう考えてみると、確かに根の部分が腐敗しかけているものも。。。

うーん、島らっきょうほどの猛者をもってしても、この悪環境に打ち勝つことができなかったか。。。

とはいえ、場所によってはグッと根を張って生きようとしている子たちも残っていたので全滅ということはないんですけどね。 よう頑張った!

さて、これからどうなっていくのか、、、観察を続けたいと思います。 なんとか生き伸びてくれー!

<スポンサーリンク>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください