「モヤシ栽培」始めました

夏前にパーマカルチャー研究所のオンラインスクールで教えていただいた「モヤシ栽培」。

出張から戻り、名張での生活も落ち着いてきたのでチャレンジしてみることにしました。

今回、モヤシ用に使うのは緑豆(ムング豆)

タイ食材を取り扱うネットショップから取り寄せてみました。

直径5ミリほどの小さな豆。ここからモヤシになるまで過程をご紹介したいと思います。

 

1日目

緑豆をボールに入れ、芽出しをさせるため豆の5倍くらいの水に1晩浸けます。

ザルの他に、空き瓶でもモヤシ栽培に挑戦。

太陽光に触れないよう、ザルと瓶に段ボール箱を被せて暗所で育てることにします。

 

2日目

翌朝、豆の様子を見てみると・・・

おー!!!よく膨らんでるねー!!

水に浸ける前と比べればこんな感じ。3倍くらい大きくなったかな。

思ったよりも膨らむんですね。すでに芽がちょっと出ているものもありました。

9月末で室温がまだ20度以上あるから成長が早いんですかね? 

芽が出始めてきたので、ここからはザルと瓶には水を張らず、朝と晩の2回、豆を水洗いするだけ。

たったこれだけで本当にモヤシに成長してくれるのでしょうか。

 

3日目

随分と、芽が出ている豆が増えてきました。

 

4日目

なんか一気にモヤシっぽくなってきた気がします。

この辺りから豆の皮が剥けてくるものが現れ始めました。

徐々に見慣れたモヤシの姿に変わってきましたね。

 

5日目

モヤシが立った!!!!!!!

むくむくと急速に成長を始めました。

たった1日でこれほど伸びるのかと驚くばかりです。

ちなみに瓶はこんな感じ。もうギッチギチです。

押すな押すなの満員電車状態。

この段階で、充分食べられる長さに育っていると思いますが、

この後どうなるのか気になるので、あと1日だけ様子をみることにしましょう。

 

6日目

こりゃアカンわ。育ち過ぎたわ。

豆が開いて葉っぱのような状態になってきました。

実験の結果、室内温度20度くらいであれば5~6日で豆からモヤシの状態まで育てることができることがわかりました。

ザルでも瓶でも立派に成長できるので、育てたい量に合わせて決めればよいと思います。

毎日朝晩の2回だけ水洗いするだけで、こんな手軽にモヤシが栽培できるとは。。。

しかも、採れたてを食べることができるのでシャッキシャキです。食感がものすごく良い!!!!

自分で育てて食べるモヤシ、その魅力にハマってしまい現在2周目に突入しております。

今回は子供と一緒に成長を見守りましたが、1日1日メキメキと成長してくれるので見ていてかなり楽しかったです。自由研究の題材なんかにもピッタリですね。

大豆からもモヤシ栽培ができるそうなので、豆ができたらチャレンジしてみましょうかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください