麦わら味噌づくり~大豆の収穫~

今年から挑戦している「麦わら味噌」づくり。

今日はその原料となる大豆の収穫を行います。

6月末頃に種を蒔いてから約半年。

気温が下がらなかったためか成長期が長く、最近やっと莢が茶色く枯れてきました。

中には、まるまると膨れた大豆が。

夏に枝豆として収穫した際には実入りが悪いように思えましたが、単にまだ若かっただけだったんですね。

じっくりと時間をかけ成長してくれたようで嬉しい限りです。

今年収穫できた大豆は1kgちょっと。

もうちょっと採れるかと思いましたが、枝豆の状態で食べすぎてしまいましたかね笑笑

岩手みどり豆、秘伝、美里在来、茶くらかけ豆、松阪青豆、松阪茶豆、信濃大黒、紅大豆、下呂青豆、青チコといった日本在来大豆が10種類

色とりどりですごく美しい、

これらを全てブレンドさせて協生味噌に仕上げたいと思います。

500gは味噌の原料として使用し、残り半分は来年の種まき用に残しておきましょうかね。

しかしながら、豆類は本当に優秀。

1粒の豆から何十倍もの種が取れるのはもちろん、葉っぱが大量に落ちることで有機物をもたらしてくれるほか、空気中の窒素まで地中に固定してくれる。

様々な恩恵を与えてくれる豆類。恵みに感謝しながら味噌づくりを行いたいと思います。

<スポンサーリンク>

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください