天然水でアーシング川遊び

家族と湧き水を汲みに行ったついでに、川遊びを満喫してきました。

奈良県天川村を流れる山上川。大雨の直後でしたが、バツグンの透明度。

岩の表面に生えたコケなどが洗い流されピッカピカの状態です。

 

<スポンサーリンク>

 

修験道の行場である大峰山脈から流れ込んだエネルギーの塊!! 上流には民家もないのでこのまま飲んでも大丈夫。

天然のミネラルウォーターの中を泳ぐなんてなんと贅沢なことなのでしょう。!

まさに水の国ならではの醍醐味ですね。

水の美しさにみとれていると、何か見慣れたフォルムの黒い生き物の姿を確認。

ナガレヒキガエルの幼生(おたまじゃくし)です!!

銚子川で調査をしていた時は、5月下旬~6月上旬くらいに後足の発生を確認していたのですが、標高の違いで1か月以上も差があるようですね。

しかしながら、先日の大雨でこの場所も相当激流だったことは容易に想像できますが、よく流されずに残っていたもんだ。。。

実力で岩の隙間に辿り着くことが出来たのか、運よく入り込めたのか、それは本人たちにしか分かりません。

でも、運も実力のうち。こうしたモッテイル個体だけが生き延びることができるんでしょうね。

そうした強い個体だけが未来に種を繋いでいくことができる。植物も生物も、我々を含めた全ての命は同じ。

清流の中で輝く命の営み。

うちの甘っちょろい子供たちにも、もう少し生きる力を養ってもらわないとこれからの時代を生き抜くことは難しいでしょう。

ナガレヒキガエルを見習って、一緒に力強く成長していきたいと思います。

まぁ、水温13度ほどの中、こんだけバシャバシャ泳げたら、そこそこ大丈夫かもしれませんけど笑

少し浸かるだけでも疲れが吹き飛ぶエネルギーの強さ。久しぶりのアーシングを全身で堪能させていただきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください