果樹の成長と実り

先日、残念ながら普通のリンゴ(紅玉)はネキリムシにやられて刈り倒されてしまいましたが、、、

アルプス乙女クラブアップルなどのヒメリンゴ類は今のところ元気いっぱい。

去年までは1つ2つパラパラと結実する程度でしたが、今年は調子が良さそうです。

「自家製のリンゴ飴が食べたい」という娘の願いで植えた子たちでしたが、そろそろその夢を叶えることができるでしょうか!?!?

ほかにも、スモモの大石早生も随分大きく成長してきました。

ご覧ください、このキレイな色合い!!!

惚れ惚れするほどの美しさです。

こっちの紅玉は、できれば枯れて欲しくないっすね。。。

今年はスモモが豊作。鈴なりに実っているのはサンタローザです。

こちらは8月頃収穫予定。スモモは大石早生、サンタローザ、ソルダム、メスレーと収穫時期の異なる品種を4本植えているので、比較的長く楽しめます!

こちら、小粒ブドウのキャンベルアーリーは初めて結実。

つる棚仲間のアケビもいくつか結実しております。

こちらの収穫は秋なので、気長に成長を見守りたいところ。

麦わら農園で一番成長しているヤマモモにもたっぷり実がついております。

このまま順調に収穫できれば、試しに一度ヤマモモジュースを作ってみたい!

中でも、今年かなり期待しているのがフェイジョア!!!

今まで皆無と言っていいほど花が咲かなかったのですが、農園内にある4本全部が開花し始めました。

これまでの数年間は、しっかりと根を張る準備期間。

やっと次の段階へと移行し始めたんでしょうか。 

もしかすると結実までしてくれちゃったりします?

少々高望みしすぎかもしれませんが、期待せずにはいられない自分がいたりもします(笑)

初夏のベリー祭りだけでなく、夏、秋、冬と果実が採れるようになるのでしょうか!?!?!?

まぁそれは今年ではないかもしれませんが、着実に確実に果樹たちは成長を続けてくれております!

いやはや6年目となる農園の変化に目が離せません!!!!

 

 

<スポンサーリンク>

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください