二代目ダイコン、命ある限り

先日、すったもんだがあった二代目ダイコンの捨て場

麦わら農園の入り口近くに積んであるため、行くたびに目につきます。

いつものように見まわりをしようと畑を訪れた所、捨て場の方に「違和感」を感じました。

よく見てみると・・・

なんと!再びダイコンの花が咲いている!?!?

<スポンサーリンク>

 

父親に切り刻まれながらも、命を繋ごうと懸命に生きる御身。なんとも神々しい。。

こんな姿を見たら、、、放っておけるわけないじゃないですか(泣)

ということで、拾って畑の隅に植え付けてみました。

まぁタネを結ぶまでいくのはかなり難しいでしょうが、万が一の可能性にかけて。

如何なる環境に置かれても自分の役割を理解し、命ある限り全うしようとするダイコン。

その、たくましく美しい花。

私は今を必死になって日々を過ごす事が出来ているのか、こうした動植物の姿勢から学ぶ事は数え切れません。

地球に生きる種として我々が担うべき役割とは何なのか。

人知は破壊し搾取するためだけに使うのではないはず。

持続可能な社会を「目指す」のではなく「実現させる」ことが出来なければ意味はありません。

まずは身近にできることから一歩ずつ。

一人一人が歩みを進めれば、やがて道は交差し、大きな網目状のネットワークを形成していくはず。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください