竹ティピの床づくり

先日完成した竹ティピ

一週間ぶりに訪れてみると・・・

あいやーーーーー!!!!

壁として立てかけておいた竹が見事に倒れておりました。

そりゃそうよね、固定していなかったんだもの。

麻紐が切れていなかったのが、せめてもの救い。

ロープにフックでもつけて、竹壁を簡易に取り外しできるよう工夫してみましょうかね。

気を取り直して、今日の作業はティピ内の床づくり。

休憩がてらゴロンと寝転がれるスペースが欲しいとの要望で、挑戦してみることにします。

床とはいえ、同じような太さの竹を並べてくくるだけ。

くぼんでいる部分には添え竹をして、高さが揃うようにしてみました。

ティピの内部にいくつか竹の切り株があり、掘り起こすのが大変そうだったので10本ほど並べた時点で終了。

本気で作るなら土を盛って整地するんでしょうけど、あくまで簡易休憩所がわりなので、まぁいいか。

私が竹を切っている間に、ほどけないよう妻が黙々と縛ってくれていました。

こういうロープワークは不得意なので、本当に助かります。めっちゃリスペクト。

両端を1本1本縛れば、竹床の完成!!!

床があることで、一気に住居っぽくなりますね。

隙間風が冷たすぎて、ブランケットに包まる娘。

これだけのスペースがあれば、子供だけじゃなく大人が寝転ぶにも十分。

余った土間の部分には、今度竹ベンチを作って置こうと思います。

いっぱい遊んで、いっぱいエネルギーを充電してくださいな。

竹の間伐も9割近く終わりました。

かなり日当たりがよくなってきたので、あともう少し頑張ります!!

 

<スポンサーリンク>

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください