ブリヂストンケミテック名張製造所の大火事

昨日、三重県内で2件も大きな火災が発生しましたね。

一件目は、伊勢神宮外宮近くの伊勢高柳商店街で店舗や民家など8棟が全焼するという大火事。

最強寒波の中で火事とはまた大変だなと、他人事のように職場でニュースを見ていたら、携帯に妻からLINEで1枚の写真が送られてきました。

 

 

 

え?なにこれCG!?!?!?

噴煙が数十メートル立ち昇っちゃってるんだけども。

しかも煙が当たってる場所はもろ自分の家だし。

2件目の火災現場は私の家から通りを挟んで200mほど先にあるブリヂストンケミテック名張製造所。

車のシートやソファー、ベッドのマットレスなどポリウレタンを加工製造している工場5500平方メートルが焼けました。 

ポリウレタンは燃えやすいため細心の注意を図っていたようですけど、起きる時は起きてしまうんですね。

小さなボヤなどは過去にもありましたが、これほど大きな規模の火災は35年で一度も聞いたことがありません。

もうね、いざ自分がこういう立場になったら焦るというよりも笑えてきますね。

冷静に「じゃあ動画を撮って、NHKのスクープBOXに投稿しようか」と指示することができました。

隣のおばちゃんON「怖いわー。もうみんな逃げやなあかんわ。

ちなみに投稿した動画は、某夕方のニュース番組の中で使用していただきました。お役に立てて何よりです。

撮った動画をサイトにアップするだけなのでとても簡単。現場から素早く映像を送れるなんて、いい時代になったものです。

スクープBOXでは災害や事故だけではなく、地元の祭りや、季節の自然現象など様々な映像を募集しているそうです。その際、カメラの画面はテレビサイズに合わせて縦ではなく横で撮るのが良いみたいですよ。

<スポンサーリンク>

 

火災からしばらくすると、ヘリは6台くらい飛んでくるわ、テレビや新聞各社の報道陣は大勢やってくるわで騒然とする現場に。いいニュースで近所が紹介されるのなら嬉しいですが、悪いニュースはやっぱり辛いですね。

私も職場を早退させてもらって、消防団の消火活動に取り組みました。

火災現場の建物は湾曲し今にも倒壊しそうな雰囲気。安全を確保したうえでバケツリレーやポンプ放水など鎮火作業にあたります。

明るいうちはまだ良かったのですが、夜になると外気温は氷点下2度。放水跡の水たまりがどんどん凍っていくほどの寒さ。

ポリウレタンが焼けた鼻をつくような化学臭はマスクをしていても若干気分が悪くなるほど。

地獄のような現場のなか、夜中の12時過ぎまで作業して、なんとか無事終了。

軽症者1名と火災規模にしては被害も少なく本当に良かったです。

改めて火事は怖い。。。 皆様もくれぐれもお気をつけくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください