ベリーズ「イート」キャンプ

一面真緑のジャングル化している麦わら農園

まさかこの中に宝物が隠されているとは、大半の人が思いもしないでしょう。

クローバーの中をよーく覗いてみると・・・

特徴的な葉っぱと、ちらりと見え隠れする赤いシルエット。

そうイチゴです。

私の農園では、5月末~6月頭に収穫期を迎えています。

気候にもよりますが、ビニールハウスではなく露地の場合はこのくらいの時期なんでしょうかね。 

ごらんください、このルビーのような赤い輝き!

今年はゴロリと大きめの実がたくさん揃っていますね。

ヘタの間際まで真っ赤な完熟イチゴは想像を絶する甘さ、ほどよい酸味も加わりベリー美味しいです!!!

しかしながらクローバー密林の中で、よくぞ虫たちは花を発見して受粉してくれるものですね。。。

 

 

<スポンサーリンク>

 

果樹ベリーも続々

他にも今の時期は果樹ベリーもたくさん。

丸く可愛らしい実を付けているのはユスラウメです。

うちのベリー隊長の大好物であるユスラウメ。私に付いてこいとばかりに険しい顔してイートキャンプ!!!

You can it!!!  You can it!!! 

他にもグミ

ジューンベリー

イチジク(色づくのはまだまだ先のよう)

 

さらに、今年特に豊作になりそうな果樹が・・・

こちらマルベリー(桑の実)です。

すごいでしょ。もう枝中が実、実、実!!!!!!

You can it!!!  You can it!!! 

マルベリーは真っ黒に熟してからが収穫どき。

まだ赤みが残っている頃に収穫するとめちゃくちゃ酸っぱいのでご注意を。

 

実はこのマルベリー、半月くらい前までは少し心配ごとがありまして

上記の写真のように結構広範囲で枝が白化していたんですよね。

カビなのか、もしくは何かの病気なのか気になって調べてみたところ意外な結果が。

白い糸のように見えていたのは桑の木を好むクワキジラミという虫のロウ。

自分がどこにいるかカムフラージュするために、ワックスのような白いロウ状の物質を作り出していたのだそうです。

クラキジラミがいても葉が奇形になるくらいで枯らすことはないと聞いていたのですが、その通りでした。

カエルやクモを始め、様々な生き物たちの食べ物としても貢献してくれたのではないかと有難く思うくらいです。

あれだけびっしり付いていた白い蝋物質も、いつのまにか綺麗に無くなっているし面白いことだらけです。

ベリー隊長との収穫イートキャンプもまだまだ続きそう。 

まぁ、ちょっと前までマルベリーがクワキジラミだらけだったことは私だけの秘密にしておきましょうかね。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください