長期出張から一旦帰宅

今日で一旦、銚子川の出張から自宅へと戻ります。16泊17日という長期滞在でしたが、振り返ってみれば本当あっという間でしたね。
 
朝から晩まで外にいて台風前後の河川の移り変わりなどを取材していたのですが、1日が過ぎるスピードが早い早い! 夏場に比べ、日照時間の短さを痛感する次第でした。
 
 
来た当初は真緑だったモミジも、帰る頃にはこんなに見頃になっていました。季節の移り変わりを感じます。
 

<スポンサーリンク>

 
 
しかしながら、これだけ長くいると、最後民宿から帰るのが寂しいような気も。
 
紀北町の皆さん、民宿の女将さん、本当にお世話になりました!
・・・とは、言いましてもまた1週間後には戻って来るのですけどね。。。
 
本来なら、今日で秋の取材は完全に終わる予定だったのですが、なんせ、まだ「落ちアユ」が全然集まって来ていないので、思うような取材ができなかったんですよね。
 
なので11月は、ほぼ1ヶ月丸ごと紀北町に滞在することに!!
 
それもありまして、本来予定していた「神戸マラソン2017」には残念ながら今年は不参加となってしまいました。。。
 
人生初のフルマラソンへのチャレンジはまた次回ということでご了承くださいませ。(全然練習できていなかったので、自分としてはラッキーと思っていたりして…コラ
 
1週間後、再び紀北町に戻って来るまでに、アユ達は産卵準備を終えているのでしょうか。 
例年9月末から1月頭までは落ちアユの産卵が観れるはずなのですが、、、今年は少しおかしいですね。 
 
まだ気温が下がらず、川の水温が高いためなのか、それともちょうどいいタイミングで台風がきてしまったため、みんな海まで流されていってしまったのか。。。 理由はなんともわかりません。
 
気を長くして、アユのタイミングが整うのを待ちたいと思います。
 
しかし、台風が多い年は翌年のアユが多いということは、学術論文などで多くの学者さんが発表している事実。
 
来年の春にどうなるのか、そこも楽しみではあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください