志摩ロードパーティ2017 10キロ走破!2017年4月16日

先週日曜日、志摩スペイン村の周辺で行われるマラソン大会志摩ロードパーティ2017に参加してきました!

 

雪辱に燃える!志摩ロードパーティ

この大会に参加するのは今年で2回目。去年が人生で初めてのマラソン大会でした。前回は15キロの部と5キロの部があったのですが、何を血迷ったのか15キロにエントリーし自滅。途中で足はつるわ痙攣するわで最後半泣きの状態でゴール。

ちなみにタイムは1時間56分56秒。。。なんと男子総合で1446人中1356位という恐ろしい結果を叩き出してしまいました。そのため、今年はなんとか半分よりは上に行きたいと雪辱に燃えるリベンジ戦であります。

今回、成人男性はハーフマラソンの部、10キロの部の2部門があるのですが、僕は10キロの部にエントリー。(ヘタレですいません)

志摩スペイン村を出発し、伊雑ノ浦まで一気に下り、また志摩スペイン村に戻ってくるという周回コース。10キロと言っても、地獄のアップダウンのある心臓破りの峠越え、最大高低差はなんと200m以上!!かなりしんどい道のりです。

<スポンサーリンク>

命を削って走り抜けた10キロ

一緒に参加した先輩ランナーからは「麦わら君、10キロは短距離だから最初から最後まで7割くらいの力で思い切り走りなさい」とアドバイスをいただいていたので、しょっぱなから飛ばします。

志摩スペイン村をスタートして最初の1キロ〜2キロは、なだらかな道。ここは勝負とキロ5分20秒くらいで軽快に飛ばします。いつもの練習ではキロ6分30秒くらいで走っているので普段よりもかなりのハイペースです。でもレースということで気分が高揚しているのか全然しんどくありません。

今回10キロレースにエントリーしたのは1091人。やっぱりで一人で走るよりも大勢で走る方がめちゃめちゃ気持ちいいです。なんというかハレの舞台という感じがしました。みんなこの日のためにトレーニングを積んできたんだろうなという同志意識なのかな。

そんな感傷に浸りながら走っていると突然急坂に突入!3キロから4キロにかけ、一気に海まで下り切ります。もうね、走ろうとしなくても勝手に体がどんどん進んでいきます。背中に羽が生えたような気分。これは楽しい!!と調子に乗ってキロ4分30秒で駆け抜けます。

下りきってから7キロまでは、やや緩やかなアップダウンはあるものの比較的平坦な道のり。しかし、ここからが志摩ロードパーティの本領発揮です。先ほど一気に駆け下りた坂道を今度はかけ登らなければいけません。

1キロにわたる心臓破りの坂道。もう走ってるのか歩いているのかわからんくらいのスピードで進みます。ここで周りの仲間たちも1人、2人と次々に脱落。僕も必死で走りましたが300mくらいは歩いてしまいました。そのため8キロはキロ7分22秒と大きくスピードを落とすことに。。。

坂を登りきったらゴールまでの2キロはなだらかなコース。でも、ここまでくるとかなりヘトヘトです。もう最後は気力で走るのみ!もう般若の形相で歯を食いしばってゴールを目指します。

道端で声援を送ってくださった地元の方々、本当にありがとうございます。やっぱりエールをいただくと力になりますね。そして、やっとレースが終わるという安堵感と、もう終わってしまうのかという寂しい気持ちが交錯しながらのゴール!!!

気になるタイムは驚きの55分26秒!!!なんとなんと1091位中270位を獲得しました!麦わらヤッタ!親父ヤッタヨ! いやぁ、これは本当に嬉しかったですね。これに向けて月100キロくらい走ってきた効果がありました。

走った距離は裏切らない!!

 

おまけ

…ちなみに、この志摩ロードパーティに参加すると、もれなく志摩スペイン村の無料パスポートがレース前日と当日の2日分がもらえます。

しかも5人分までが無料!いいですかパルケエスパーニャが5人まで無料で遊び倒せちゃうんですよ!!

10キロへの参加料は一人3500円ですが、志摩スペイン村のパスポートは通常大人5300円、子供3500円なので断然お得です。

今回も家族同伴で大人2名子供2名のパスポートを無料でもらったので14100円も得をさせていただいてしまいました。

会場に着いたらパスポートを引き換えて家族はそのまま遊園地へ。誰も応援になど来てくれません。むしろ家族のために半ば強制的に走らされているのではないかと。 

走って爽快、家族も幸せ、こんな素晴らしいマラソン大会は他に知りません!!

是非、来年は参加してみてはいかがですか??